腰痛の原因:おしりの筋肉のこりかも!

腰痛の原因はおしりの筋肉のこり!

おしりをほぐす腰痛改善法

 

日本は腰痛に悩む人が多く、ほとんどの人が生涯に腰痛を経験し、4人に1人が腰痛持ちになっているそうです。腰痛を治そうと整体院に通ったり温泉に行ったりする人が多いのですが、それだけでは腰痛を根本的に治すことはできません。実はもっと簡単に、おしりの筋肉のコリをほぐすだけで腰痛を改善させることができるのです。

 

腰痛とおしりの筋肉の関係、おしりの筋肉のコリをほぐす腰痛改善法についてまとめています。腰痛持ちの方はチェックしてみてくださいね。

 

腰痛の原因で多い:梨状筋症候群

 

尾骨の上からお尻のくぼみにかけてお尻を横切る「梨状筋」が緊張することで、腰、お尻、太ももの後ろ側に痛みが生じる症状を「梨状筋症候群」と呼んでいます。

特に女性を中心に悩まされている人が多い、ありふれた腰痛となっています。

 

梨状筋症候群の痛みは腰やお尻だけでなく、太ももやふくらはぎまで響くことが多いのも特徴です。これは梨状筋の下を坐骨神経が通っているためで、梨状筋にできたしこりが坐骨神経を圧迫すると、下肢に電気の走るような痛みやしびれが起こります。

 

梨状筋症候群の治療には、痛みを抑えるための鎮痛剤や消炎剤が用いられますが、一時的に痛みをしずめる対症療法に過ぎず、梨状筋のコリをほぐすことが根本的な治療になります。梨状筋のコリは、ホームケアによるストレッチやマッサージでほぐすのが効果的です。

 

腰痛の原因で多い:血行不良による筋肉のコリ

 

実は普通の腰痛のほとんどは、長時間じっとして腰の血行が悪くなっているために起こっています。体を動かさないことで、血行が悪くなってお尻の筋肉や関節がこわばり、腰の神経が圧迫されて痛みが起こるのです。

特にお尻の筋肉は腰椎を守るクッションの役割があるために柔らかくできているため、お尻の筋肉が硬くなると立ったり座ったりするたびに腰椎に衝撃がかかり、痛みが起こりやすくなってしまいます。

 

筋肉の血行不良は

  • 運動不足
  • 長時間のデスクワーク
  • 姿勢の悪さ
  • 心理的ストレス
  • 加齢

などが原因で起こります。

 

多くの人のお尻にコリがあるはずです。お尻に力を入れてみて、硬くなった所があればそこを押してみます。押した時に痛気持ちいいと感じるならば、それが筋肉のコリです。

コリが生じやすい場所は、お尻の上、左右のお尻の中心、その少し外側なので、色々な場所をチェックしてみてください。

カイロプラティックに通うのも良いかもしれません、軽い腰痛ならお尻のコリをほぐすことで簡単に解決してしまうことも多いのです。簡単な方法をいくつか紹介しますので、自分に合ったコリほぐしを是非お試しくださいね。

 

梨状筋を伸ばすストレッチ

 

テニスボールを1個使ったコリほぐし

テニスボールを1個使ってお尻のコリを簡単にほぐしましょう。テニスボールは100円ショップ等でも売っているので、テニスをしない人も手軽に用意することができます。

テニスボールは、硬式用(外側がフェルト生地のもの)がおすすめです。

 

1.お尻のこった部分を見つけておく

2.テニスボールを持ち、お尻のこった部分に押し当てたりコロコロ転がしたりする

3.13分間行なう

 

やり過ぎるとかえって腰に負担をかける可能性があるので、長時間のマッサージは控えてくださいね。

 

お尻のこりは放置すると、腰だけでなく膝や股関節にも負担がかかるようになり、痛みが広範囲で起こりやすくなってしまうのであなどれません。今までお尻のコリを意識していなかった方も、これからはお尻のコリを早めに見つけてほぐす習慣を身につけてくださいね。

 

56a9f645_8f8boshi3

 

訪問医療マッサージ マザー・マリー治療院

住所 〒411-0802 静岡県三島市東大場1-23-11

TEL 080-8252-5895

受付時間 9:00~21:00

休診日 日曜日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/28ZNApn