心愛ちゃん

千葉県野田市の小学4年生、栗原心愛さんが死亡した事件で、心愛さんへの対応をめぐって市と市教育委員会に抗議や避難が殺到しているそうです。

心(こころ)愛(あい)というすばらしい名前をつけておきながら虐待なんて・・・。

母親も自分が産んだ子なのになんで守れないんでしょう。

今の時代、離婚の数も増えているので、私が「なんで離婚しないんだろう。」と言うと、「逃げられないと思わされちゃうんでしょうね。」と言われました。

 

心愛さんは、学校でいじめに関してアンケートを受けていて、その中で父親からの暴力、虐待を強く訴えていて、「先生、どうにかなりませんか。」とSOSを発していたそうです。

体にはアザがあり、近所の人も泣き声やどなり声が聞こえていたそうです。

私も自分が近くにいても、どれだけのことができるかわかりませんが、「189」(いち・はや・く 児童相談所全国共通ダイヤル)というのがあるそうです。

虐待ではなかったとしても大人(強者)小人(弱者)をどなるという行為は正しいこととは思えません。

Telで一人の子供の命が助かればどんなにすばらしいことか。

 

昔、芦田愛菜ちゃんがまだすごく小さい頃、「Mother」というドラマに出ていて、母親(尾野真千子さん)と母親の彼氏(綾野剛さん)に虐待されている一年生の女の子という役でした。

主役である担任の先生役であった松雪泰子さんは何かおかしいことを感じはじめ、寒い雪の日、ゴミ箱に入れられていた(捨てられていた)愛菜ちゃんを救い出し、自分の娘として育てるために連れさり、育てます。

松雪泰子さんは、結果として犯罪者になってしまいますが、強い母性を持ち、愛菜ちゃんの命は救われて成人します。

 

なんか子供の命を救って犯罪者というのが悔しいですが、一つの命が救われ、愛をもらって育てられた子はきっとすばらしい人になるのではないかと思いました。

 

一生懸命、がんばっている健気な子供が犠牲になることが、ありませんように。

 irasuto

 

 

 

 

訪問医療マッサージ マザー・マリー治療院

住所 〒411-0802 静岡県三島市東大場1-23-11

TEL 080-8252-5895

受付時間 9:00~21:00

休診日 日曜日

当店Facebookはこちら
http://bit.ly/28ZNApn