小児障がいマッサージ

1

対象患者:
(疾患名)小児脳性麻痺、脳室周囲白室軟化症(PVL)、 筋ジストロフィー、染色体異常、ダウン症、てんかん等。
症状:
関節拘縮筋緊張、歩行困難、筋力低下、てんかん等。
年齢:
できる限り幼少期からマッサージを受けた子どもと   そうでない子を比べるとその後が違ってきます。

目的

・変形・拘縮の予防、側弯の予防、独歩、不自由さの軽減。
・筋緊張を緩める、筋力低下の改善、便秘や不眠等の改善etc。
・マッサージにより筋緊張や関節拘縮を緩め脳内マップを 刺激した後でリハビリを行うことで、リハビリの効果

 が格段にあがりやすくなリます。

その他利点:

・子どものQQL(生活の質)の改善、心のケア、親御さんの隙間時間の確保をします。
・医療保険を使った訪問医療マッサージなので医療費の負担は、主治医が同意書を書いて下さればほぼあり   ません。

料金

2

小児障がい訪問マッサージは保険適用で

自己負担0円

小児障がい訪問マッサージの主な効果

・脳内マップ(どこを触られているか等の感覚など)を構築し心身の各部位を 自分で意識・コントロールできや

 すくなります。また、脳の発達を促しやすくなります。
・側弯や尖足などの変形や関節の拘縮の予防や、生活の質の悪化を防ぐことが期待できます。
・ストレスホルモンの発生を抑え、気持ちをリラックスさせたり、情緒が安定が期待できます。
・不眠を改善したり、睡眠の質がよくなることが期待できます。

・お腹の調子が整い、便通がよくなることが期待できます。
・身体に適度な刺激を与えることで、血液やリンパの循環がよくなり、免疫力が高まるので風邪などを引きにく

 くなることが期待できます。
・呼吸器の働きがよくなり、呼吸が安定することが期待できます。
・定期的に身体の変化を診ることで、病気の予防や病気の早期発見につながることが期待できます。

初回訪問時

・問診をさせて頂き、お子様の身体の様子を見させて頂き、スキンシップをとりながら、反応を見させて頂きま

 す。また、お母様にはお子様のことを教えて頂きます。 

同意書の案内

・保険適用のため、病院での受診時に同意書(用紙はこちらでお渡しします)  を持っていき、主治医に同意書を

 書いて頂きます。 

マッサージ開始

・同意書がもらえ次第、訪問医療マッサージが開始できます。 曜日、時間を決めて週1~3回ぐらいでお子様の

 様子を見ながら続けていきます。1回20~30分くらいのマッサージになります。 

受付時間 9:00~21:00 定休日:日曜日

all_1