訪問医療サービス

訪問医療マッサージについて

・「在宅医療」の一端を担っています。
・患者様の共通点として、血行不良や筋緊張・痛み・筋力低下・日常活動作の低下などの廃用性、退行性の変化

 が見られます。
・訪問医療マッサージでは、そのような状態を手や指で感じながら東洋医学と現代医学の知識を融合したり、医

 療や介護サービスと連携しながら進めていきます。
・在宅で医療の足りない部分を補完するにとどまらず、患者様の生活の質の向上にも大きく役立つように、そし

 て、心身ともに患者様を癒し高齢社会を明るいものにしていきたいと思います。

★病院でのリハビリとの大きな違い

1

・病院でのリハビリの主な目的は、「社会復帰」や「自宅復帰」です。

・一方、在宅でのリハビリや機能訓練の最大の目的は、「在宅での生活

 をより良いものにする」ことだと考えています。
・病院リハビリでの「退院」に相当する確定的なゴールは存在しませ

 ん。現状の維持や緩やかな回復を目指しながらコツコツと積み上げて

 いくものです。

・金銭的・時間的なコストが高ければ継続は困難なものとなります。そ

 ういった状況のなか、お役に立てるのが、公的な医療保険(国民健康

 保険・健康保険など)を使った、「訪問医療マッサージ」です。

実際にどんなことをするの?

2

・患者様の中には、リハビリでの苦痛が精神的負担になって

 いる方がいらっしゃいます。
・訪問医療マッサージでは、まずマッサージや指圧などで心

 地よくほぐした後で、関節運動・ストレッチ・筋力増強訓

 練を行います。
・生活の自立性を維持するには、軽度の筋力運動やストレッ

 チングを中心に行うのが効果的であるといわれています。

3

①関節の拘縮をやわらげる関節運動

硬くなった関節を柔らかくして、関節可動域を広げる「関節運動」を行います。
主に6大関節(肩・肘・手・股・膝・足関節)の動きを良くすることを目的に行います。

4

②マッサージにより血液循環を改善する

「筋ポンプ作用」を促すマッサージを行います。片麻痺や廃用症候群では心臓の働きが著しく低下し、血液循環が悪くなります。                       その結果、体のすみずみまで酸素と栄養が運ばれなくなり、老廃物が蓄積して浮腫がおこります。血液循環が改善することで、筋肉・神経の働きが高まり、血流のうっ滞や浮腫、痛み等が改善してきます。

5

③衰えた筋力を強化する筋力増強訓練

寝たきりに繋がる転倒などを未然に予防したり、日常生活動作をより確実に行うための「筋力増強訓練」を行います。

例えば、太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えると膝が安定し、階段の移動が楽になります。ふくらはぎの筋肉(下腿三頭筋)を鍛えることによって、足を蹴りだす力が強くなり、一歩の幅が増えつまずきにくくなります。

6

④積極的な会話

寝たきりや活動の低下により外部からの情報が少なくなって、脳への刺激が激減します。その結果、知的機能が低下し認知症等が起こりやすくなります。定期的訪問とやわらかなボディタッチ 、そして、楽しい会話により認知症等の予防にもなります。

訪問医療マッサージのご利用可能な方

・脳梗塞・脳出血・くも膜下出血などで後遺症のある方 
・パーキンソン病で日常生活動作が困難になるまで症状の進行した方
・認知症などで活動度が著しく低下している方 
・腰椎・頸椎・膝関節などに疾病があり症状が重く歩行困難な方 
・要介護認定を受けており日常生活が困難な方 
・身体に障がいがあり日常生活が困難な方 
・高齢で骨や筋肉が弱り、徐々に活動が低下している方

【傷病例】

・脳血管障害後遺症(脳梗塞、くも膜下出血など)
・脊髄損傷後遺症
・骨折術後の後遺症  
・リウマチ
・認知症
・パーキンソン病

・変形性膝関節症
・変形性脊椎症
・変形性頚椎症
・変形性脊椎症(頚部痛、背部痛、腰痛)
・変形性腰椎症
・変形性膝関節症
・変形性関節症
・筋萎縮性側索硬化症  など

訪問対応エリア

対応エリア

三島市、函南町、伊豆の国市

(韮山、伊豆長岡)長泉町、清水町、

沼津市、裾野市
赤の円内が、概略の訪問対応エリアになります。
まずは、ご連絡をお願いいたします。

受付時間 9:00~21:00 定休日:日曜日

all_1